アイロンは電気代が高いんですね どう節約していますか?

皆さんはアイロンの電気代が意外と高いってご存じでしたか?

アイロンのワット数や使用する温度によっても違いますが、1500Wのアイロンを「高」で毎日10分間、1年間使用した場合、年間でかかる電気代は1000円を超すそうです。

それが毎日20分だと年間2000円以上・・・意外と高いですよね。

でも、アイロンがけを毎日しなくてはならない・・・という方もいらっしゃると思います。

そんなアイロンの電気代ですが、皆さんはどう節約されていますか?

中には、電気代がかかってしまうのも仕方がないと考えている方もいらっしゃるかもしれません。
でもアイロンの電気代を節約する方法はいくつかあります!

今回は、アイロンの電気代の節約方法についてご紹介していきたいと思います。

アイロンは電気代が高い 節約するには何をする?

 

では、具体的に高いアイロンの電気代を節約するにはどのような方法があるのでしょうか?

いくつかご紹介します。

アイロンが温まるまでの熱を利用する

アイロンのスイッチを入れて「高」に設定したとき、熱くなるまでの時間って意外とかかりませんか?

その「高」の温度に達する前に、低い温度でもアイロンがけができる他のものをアイロンがけしちゃいましょう!

アイロンがけするものがたくさんある場合は、あらかじめアイロン表示を見て温度別に分けておくと良いですね。

「高」の温度に達する前に、アイロン表示が「低」「中」のものをアイロンがけしておくと、時間の節約にもなります。
また逆に、アイロンが冷めるまでの余熱を使うという手もあります。

冷めるまでも結構時間がかかるので、その余熱使ってアイロンがけをするのも一つの節電方法です。

まとめてアイロンがけをする

実は、アイロンで一番電気代がかかるのは、温まるまでの時間なのだそうです。
なので、毎日こまめにアイロンがけをするよりは何日かに1度まとめてアイロンがけをするほうが節電になります。
できる限りまとめてアイロンをする事で、電気代を節約することができます。

ノンアイロンシャツに買い替える

Yシャツの場合、ノンアイロンのシャツを購入するのもとても良い手だと思います。

スポンサーリンク

次にYシャツを購入される際は、ノンアイロンのシャツを購入してみてはいかがでしょうか?

普通のYシャツに比べ、しわができにくいのでアイロン不要になったり、しわが少ない分アイロンがけをする時間も減ります。

うちの主人もユニクロのノンアイロンシャツを着ていますが、アイロンしなくてもいいぐらいしわが少ないです!

電気代の節約はもちろん、面倒なアイロンをすることがなくなったので私は大助かりです!

まだ1枚しか持っていないので、全部買い替えちゃおうかなと、密かに思っています。笑

まとめてアイロンがけすることを心掛け、余熱やノンアイロンシャツを利用してアイロンの電気代を節約してみてくださいね。

アイロンの電気代を気にすると洗濯方法も変わる?

高いアイロンの電気代を節約するために、洗濯の仕方にもぜひ工夫をしてみてください。

アイロンの電気代節約 アイロンの使用時間を減らす 洗濯物のしわを減らす

ということで、洗濯物のしわを減らすポイントをいくつかご紹介します。

洗濯ネットを利用する

普通に洗うよりも、洗濯ネットを利用したほうが、しわができにくくなります。

またYシャツなどの場合、首元と袖のボタンを留めて、折りたたんでからネットに入れるとさらに良いです。型崩れ防止にもなり、しわができにくくなります。

脱水を弱めにする

脱水を強くしすぎると、しわが増えてしまいます。

脱水を部屋干しモードにすると、結構シワシワになっちゃったりしますよね・・・。

なので、しわを減らすためには脱水はできるだけ弱くするのがオススメです。

干す時になるべくシワを伸ばす

干す時に軽く叩いて、手アイロンをかけてしわを伸ばしてから干してください。

干す段階でシワを減らしておけばアイロンも楽になります。

乾ききる前にアイロンがけをする

できるなら洗濯をして、乾ききる前の洗濯物が少し湿った状態でアイロンがけをするとシワが伸びやすくなります。なので、アイロンの使用時間短縮に繋がります。

洗濯方法を一工夫して、アイロンの電気代を節約しちゃいましょう!

関連記事はこちら↓

まとめ

今回は意外と高い! アイロンの電気代の節約方法についてご紹介しました。

アイロンの仕方やノンアイロンシャツの利用、洗濯方法によって、アイロンの電気代は節約することができます。

アイロンや洗濯の仕方を少し工夫して、アイロンの電気代を節約してみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする