東京オリンピック2020 観戦チケットの販売状況は?

カップ

2020年東京オリンピックの観戦チケットは、くじ引きに外れた人たちのためにもう1度チャンスが訪れるという朗報がありましたね。数十万枚用意されるみたいですよね。

くじ運の悪い私は初めから購入予定はなかったんですが、家族は行きたそうにしています。
だから、応募すればよかったのに、何も私に付き合わなくても・・。
「なんか、悪いと思って・・」歯切れの悪い言い方ですが、やっぱり落ち着きません。

どっちみち数十万のライバルがいると考えると、最初から諦めムードなんですよ。

それにしても高くないですか? チケット代・・

当選した人たちが購入した枚数は322万枚だそうで、勿論それだけの数がドッと動くわけではないけれど、行くのも帰宅するのも大変そう・・。

お家でテレビ観戦がいいと私は思っているのですが・・。

8月にその2回目の抽選販売があるとのこと。ちょっと様子を見ていれば?

さて、それにしてもちょっと高くないですか? 観戦チケット・・。もちろん安いのもありますが、何だかあまり人気のない部門だとか聞きましたし、それもやっぱり抽選なんですね。これも単なる噂でしょうか? 応援チケットにいたっては、2020年だから2020円なんですか? これも抽選だから取れないかもしれないという話。

終わって振り返って見て笑い話になればいいのですが。

高いと思うんですよね~。富裕層には痛くもないのか・・。若干羨望が入ってます。

この2回目の販売は先着順といっていましたが、やっぱり抽選販売に切り替わりましたね。

チケット代金PDF>>https://ticket.tokyo2020.org/File/ToKyo2020/Olympic/Production/GP/Olympic%20Games%20Tokyo%202020%20Price%20List_Seat%20Map_JP.pdf

観戦チケットの販売数は最初の計画では、780万枚だったそうですが、後からいろいろな見直し、座席数とか? で総数は900万枚を超えるそうですよ。

ただ、あまり喜んでもいられない気がします。

チケットが1枚も当たらなかった人が対象ですし、まだこれから対象の競技が発表されるということだし、1人1競技の1セッション限りです。(1セッションで申込上限枚数は2枚~8枚まで) つまりその時にならないと分かりませんよね。見たい競技がなければどうなんだろう?

参考までに、第1次抽選販売での1セッションごとの購入枚数は、
・開閉会式・・・・・・・・・・2枚まで
・決勝截などメダルセッション・1枚まで
・予選等のセッション・・・・・6枚まで

スポンサーリンク

「東京2020みんなで応援チケット」購入の場合は、
・開閉会式・・・・・・・・・・4枚まで
・決勝戦などメダルセッション・6枚まで
・予選等のセッション・・・・・8枚まで

でも、900万枚(になるかなという関係者の予想だけれど)で、322万枚は購入された。残りの578万枚で今度の2次抽選では数十万枚と言っています。更に残りの約500万枚は、秋の抽選販売と来年には公式の販売所ができるとのことなので、そのために残しておくってことなのかな?

秋の先着順も抽選販売に変わりましたね。システムに大きな負荷がかかるという理由のようです。

1次抽選では皆さん、申し込める枚数最大30枚申し込む人が多かったのかしら? 1人1セッションという決まりはあったのかしら?

全くチケット購入を考えなかったから、その辺のことはあまりよく分かりません。

ツイートを見ると、40万円分くらいが当たってしまって慌てている方とか、30万円分くらい申し込んで全て落ちた! とか悲喜こもごもです。

後は、芸能人で当たっている、当たらなかったという話しも大きくツイートされていますね。

う~ん、日本人はお金持ってるのね~。単なるひがみです。

野球観戦の値段くらいで見られるのかと思ってました(笑)

競技そのものの人気度や、競技会場などの要因もありますが、ずい分値段に幅があってびっくりしました。でも1番驚いたのは開閉会式のA席ですね。嘘、でしょ? と思いました。

都民の税金を使っていろいろ造って、そんな値段を取るんですか!? と。

もちろんこの意見には異論はあるでしょう。でもそんな価格では普通の人は見られるの? と思います。

オリンピックの次回開催国を決定する会議のあと、発表された席で「TOKYO」と聞いた時から絶対に見にいこう! と決めた人もいるでしょう。その人たちはやはり開会式が大きな目的でしょう。そのために貯金した人もいるでしょうね。

だって、この先いつ日本でオリンピックが開催出来るか、あるいはもうそんなチャンスは40年先でも、来ないかもしれない・・と思う人だっていますよね。

そうか、そういう方たちにとっては30万円でも安い! と思われるのかもしれませんね。
認識不足でした。m(__)m

まとめ

確かにオリンピックという一大イベントは、国を挙げて成功させなければならないですね。
外国から見える観光客も含めて来年7月下旬~8月上旬まで、56年ぶりのお祭りです。

普段の暮らしに影響を受ける方も少なくないでしょう。期間中の2週間は交通も大変なことになるのでしょうね。

だからやはり、行って帰って来ることを考えると・・。
私はいつの間にこんな面倒くさがりやになったのかとつくづく呆れています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする